CATEGORY

ファッション

おでかけ

おもちゃ

インテリア

ねんね

食事

トイレ・オムツ

お風呂

お世話グッズ

安全グッズ

メモリアル

Age

SCENE

ベビーシャワー体験レポート

2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

トップ > ファッション > レイングッズ

レイングッズ

レイングッズ

長靴(レインブーツ)

雨の日は視界が悪いので、車や歩行者に目立つカラフルなデザインの長靴がおすすです。
雨の日しか出番のない長靴はついつい大きめサイズを買ってしまいがちですが、サイズが大きいと脱げやすく危険です。
長靴のサイズが大きい時には中敷きを入れるなどして調整してあげましょう。

レインコート・レインポンチョ

大き目サイズを選ぶと、動きにくかったり隙間から雨が入ってしまうこともあるので、できるだけサイズが合ったものを選んであげましょう。
袖のないレインポンチョは脱ぎ着が簡単ですが、しっかり雨や風から守りたい時にはレインコートがおすすめです。

かさ

お子様のかさ選びで一番気をつけたいポイントがサイズ選び。大きなかさを使っていると視界が狭くなったりバランスを崩して転んでしまいます。逆に小さめのかさを使っていると雨に濡れてしまうことも。
サイズの目安を参考にお子様に合ったかさを選んであげましょう。

サイズ(親骨の長さ) 身長 年齢
40〜43cm 85〜100cm 2〜3歳頃
45cm 90〜105cm 3〜4歳頃
47cm 95〜110cm 4〜5歳頃
50cm 105〜120cm 5〜6歳頃

そのほかに気を付けたいポイント

かさの骨

金属製のものが主流ですが、折れにくいグラスファイバーや樹脂製の骨もおすすめです。

透明な(スケルトン)パネル

お子様がかさを使うとどうしてもかさが下がってきてしまい、顔が隠れてしまいがちです。
そんな時にかさのパネルが透明なものだとお子様の視線を遮らず、前を見ながら歩けるので、安全です。
かさ全体が透明なもの、かさの一部のパネルが透明になっているものがあります。ママもお子様の様子が上から見えるので、かさ全体が透明なものが小さいお子様におすすめです。





全57件

おもちゃ特集
ガーゼ特集
ラッピング承ります

ページトップへ