CATEGORY

ファッション

おでかけ

おもちゃ

インテリア

ねんね

食事

トイレ・オムツ

お風呂

お世話グッズ

安全グッズ

メモリアル

Age

SCENE

ベビーシャワー体験レポート

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
土・日・祝祭日は休業日でございます
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
土・日・祝祭日は休業日でございます

トップ > ファッション > ゆかた・じんべい

ゆかた・じんべい

浴衣・甚平とは


浴衣・甚平とは夏に着用する通気性のよい素材で作られた和装衣類のことです。
甚平は上下に分かれた形式のもので、上は着物のように前で重ね合わせ、下は半ズボンなので浴衣とは一味違った活発な可愛らしさがあります。
普段着としても着用可能ですが、夏祭りなどで着用すると季節感がでます。

浴衣・甚平の特徴


浴衣、甚平の特徴は、生地に通気性の良いものを使用したり季節感のある柄や生地を使用したりしていることです。
夏を快適に過ごすためにも通気性、吸水性の良い綿で作られているものが多く、デザインの関係上、脇からも風が入る仕組みになっていて、汗っかきの赤ちゃんもサラッと快適な夏を過ごすことができます。
甚平は上下に分かれた夏の普段着ですが活発な子供にとっては動きやすく、男の子であれば夏祭りでも映える可愛らしさを持ちます。
少し上の女の子の浴衣は兵児帯と呼ばれる柔らかで明るい色合いの帯を結ぶことが特徴です。大人のようにしっかりとした帯はしませんので動きやすく、子どもらしい華やかさがあります。

全15件

ページトップへ